春分の日2021年はいつ?何をするの?食べ物や意味は?

広告
春分の日いつ イベント

春分の日2021年はいつ?何をするの?食べ物や意味は?

3月の下旬の春の訪れを感じるころに「春分の日」を迎えます。

春分の日が2021年はいつなのか、食べ物や何をする日なのか、意味や由来もみていきます。

 

広告

春分の日2021年はいつ?春分の日とは?意味

春分の日の意味

2021年の春分の日は3月21日土曜日です。

毎年春分の日は3月20日か20日のどちらかの日になります。

春分の日は毎年決まっておらず、毎年国立天文台によって来年の春分の日が発表されます。

 

春分の日は日本の祝日の1つで、昼が長くなって昼と夜の長さが等しくなる日と言われています。

法律では春分の日は、自然を称え将来のために努力する日とされています。

 

春分の日には何をするの?食べ物は?

春分の日食べ物

春分の日と聞くと、お彼岸をイメージする方も多いかもしれませんね。

春分の日を中日として前後3日間の計7日間を「彼岸」といいます。

お墓参りをしたり、牡丹餅をお供えして自然や先祖に感謝を伝えます。お墓参りをするのが一般的です。

 

お彼岸は春と秋の2回あり、秋にはおはぎをお供えして先祖の供養をします。

 

関連記事:お墓参りの時期は3月はいつ何をするの?【2019年・平成31年】

2020年の冬至はいつ?冬至とは?ゆず湯のやり方かぼちゃを食べる意味や食べ物

節分にイワシを食べる?由来や食べ方、柊鰯とは?飾る理由やいつからいつまで飾る?

error: Content is protected !!