東京クリスマスマーケット2018日比谷公園の混雑状況や料理、楽しみ方は?

広告
イベント

東京クリスマスマーケット2018日比谷公園の混雑状況や料理、楽しみ方は?

 

本場ドイツからきたクリスマスピラミッドがシンボル。イルミネーションやホットワインなどの屋台雑貨が楽しめます。

東京クリスマスマーケット2018日比谷公園の混雑状況や料理、みどころ楽しみ方をみていきます。

スポンサードリンク
広告

東京クリスマスマーケット2018日比谷公園の混雑状況や楽しみ方は?

出典:https://tokyochristmas.net/about/

このイベントは11月末から12月末まで六本木ヒルズの大屋根プラザという場所で毎年開催されています。規模はそれほど大きくないですが、ドイツのクリスマスをモチーフにソーセージやビールなどが販売されていました。

 

私はクリスマス前日に行ったので、ものすごい数の人でにぎわっていて、席の確保ができず、食べ物を持ったままぐるぐるとしていました。

この大屋根プラザは六本木の駅から直結していて、アクセスには便利です。また、テラスのようになっているため、雨や雪の日でも楽しむことができます。先ほどもいったように規模が大きくない為、出店している数は少ないですが、毎年ホッとワインが人気だそうで、私もホットアップルワインをいただきました。

また、食べ物以外にもスノードームやランチョンマット、ツリーなどがあり、見るだけでも十分クリスマス気分になれます。夜になると会場は暖色色に包まれ、あったかい風に包まれながら恋人、友達とお酒を飲みながらゆっくりすることができ、少し背伸びした気分になれます。また、六本木は駅周辺にもイルミネーションスポットが数多くあります。

 

まず、大屋根プラザ下に広がる毛利庭園。光ったり消えたりするライトが蛍の光のように見え神秘的な空気に包まれます。その先にはけやき坂があり、青い光の中歩きながらご覧になれます。六本木ヒルズからは東京タワーを見ることができ、空気が澄んだ冬の空に赤くて大きなライトが綺麗に照らされています。

六本木のクリスマスはイルミネーションだけではありません。駅から少し歩いたところにスヌーピーミュージアムというものがあります。シーズンによってはとても混雑するので、前売り券を買っておくといいでしょう。このチケットが4コマ漫画になっており、インスタ映えすること間違いありません。

施設内にはレストランがあり、スヌーピーにちなんだ料理を堪能することができます。六本木というとディナーは少し高いといったイメージを持ちますが、実はリーズナブルかつおしゃれなお店が多くあります。中でも、六本木駅直結のエーエスクラシックダイナーはハンバーガーやサンドウィッチ、メキシコ料理のお店で、レトロな内装のお店でボリュ—ミーなハンバーガーをほおばりながらお酒を飲むことができます。

その他にも2000円以下で満足のいきお店がたくさんあるので、是非今年のクリスマスは六本木で大切な人と過ごしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

東京クリスマスマーケット2018日比谷公園の開催期間や営業時間は?

開催期間:2018/12/14(金) ~ 2018/12/25(火)

時間:11:00~22:00

料金:入場無料

 

東京クリスマスマーケット2018日比谷公園のアクセス

会場:日比谷公園 噴水広場

・日比谷線または千代田線 日比谷駅 A14出口より 徒歩約1分
・丸ノ内線 霞ヶ関駅 B2出口より 徒歩約5分
・都営三田線 内幸町駅 A7出口より 徒歩約5分
・JR東京駅 丸の内口より 徒歩約20分
・JR有楽町駅 日比谷口より 徒歩約10分

 

error: Content is protected !!