ユニバーサルスタジオカウントダウンイベントみどころや感想

広告

ユニバーサルスタジオカウントダウンイベントみろこどや感想は?

 

毎年ユニバーサルスタジオではカウントダウンイベントが開催されています♪

ユニバーサルスタジオカウントダウンイベントみろこどや感想をみていきます。

スポンサードリンク
広告

ユニバーサルスタジオカウントダウンイベント見どころ感想

私達は、12月31日の夕方から、ユニバーサルスタジオジャパンに行きました。海側なので風が強くて極寒です。何枚も重ね着をしてカイロも貼って、ダウンを着て行きました。それでも出ている顔が冷たくなりました。

 

チケットは確か当日販売がなくて、カウントダウン特別チケットがいるので、品切れ前に早めに私はローソンのロッピーで買いました。ユニバーサルスタジオジャパンのカウントダウンはとても人気で、若い方達が多いですが、寒くてもお客さんがいっぱい入ってます。

乗り物も止まることなく、ずっと運転しているので、みんな寒い中、ハリウッドドリームを乗ったりしています。私たちは、寒すぎて、室内のバックトゥザ・フューチャーや、スパイダーマン、火のバックドラフトばかり行きました。

その時期は、電飾数が世界一のツリーも見れますし、マッピングやらたくさんイベントしています。たくさん楽しめる事がありますので、夜のユニバーサルスタジオジャパンもオススメです。そして、カウントダウンが近づく数時間前から、有名歌手の歌の披露が始まります。

 

私が行ったときは、ケミストリーが来てました。観覧の人がいすぎるので、前が全く見えず、ケミストリーの歌声だけは、ばっちり聴こえました。生歌はやはり心にしみました。

冬にはぴったりの歌をたくさん歌ってくれて、胸キュンしました。そして、カウントダウンが始まり、日付けが変わる瞬間に、アハッピーニューイヤーという文字たちと、花火がたくさん上がって、眠気と寒気がぶっ飛び、すごく盛り上がっていました。

 

ちゃんとしたカウントダウンはユニバーサルスタジオジャパンで初めてでしたので、実際にその場に行けてとても楽しかったです。日付けが変わる瞬間に大切な人と過ごせた事、一緒に楽しい思い出が作れた事は、一生胸の中に忘れないでいます。

そのカウントダウンが終わった瞬間に、みなさん店の中に入っていくので、倒されそうになり、とても危険でした。私たちも店の中に入って、温かいスープを飲んで、ゆっくり休憩しました。だんだんと眠気も襲ってきたので、帰る事になり、駐車場から帰るのが大変でした。桜島や舞洲あたりは渋滞ですので、その周辺の土地勘がないと帰れない状態になります。

私たちは、下道でゆっくり大阪市内の方に帰りましたが、きっと高速道路を使う方が多かったので、阪神高速が大変なことになります。のんびりゆっくり帰るのも楽しくていいかと思います。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!